マーケティングの4Pとは?

マーケティングの4Pとは

「マーケティングといえば4P」というくらい、昔から使われる有名なマーケティング用語です。耳にしたことのある人も多いと思います。

4Pとは、Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(広告宣伝)の頭文字のPをとったものです。

4Pは、マーケティング戦略を立案・実行する上で使われるフレームワークで、「マーケティング・ミックス(マーケティング施策の組み合わせ)」とも言われます。

STP分析(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)の次のステップで利用され、STP分析で決めたポジショニングを実現するために具体的にするために使用されます。

4Pを具体的に分析したい場合は、身近なビジネスやドラマなどで考えてみると良く身につくと思います。

スポンサーリンク

4Pの提唱者は、マッカーシー氏

マーケティングの神様、フィリップ・コトラー氏がマーケティング1.0から4Pを使用しているのでコトラー氏が開発したと思いきや、実はエドモンド・ジェローム・マッカーシーというアメリカのマーケティング学者さんが1960年に提唱したものです。

4Pの意味

では4PのProduct(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(広告宣伝)のそれぞれの意味をみていきましょう。

Product(プロダクト・製品)

一つ目のPは、Product。つまり製品(またはサービス)です。

そう、マーケティングとは、ただのプロモーションのことでしょ?と思われている方も多いと思いますが、どんな「製品・サービス」を提供するか?もマーケティングにおいて非常に重要になります。

製品であれば、その素材だけでなく形状・大きさやパッケージなども重要です。サービスであれば、何をどこまでどんな期間やるのかなど、具体的に検討します。

Price(プライス・価格)

Priceはそのまま、「価格」です。Productがどんな価格なのか?も非常に重要なマーケティング戦略の一つです。

もちろん安ければ良いというものではなく、Productのブランドイメージと合わせて検討することが必要です。

Place(プレイス・流通)

次に、Place(流通)です。どんなProduct、どんな価格の製品・サービスを、どんな場所で売るのか?もマーケティング戦略の一つです。

店頭・EC・通販・直販または卸・紹介のみ…など様々な方法が考えられます。店頭であればテナントの立地も大切ですし、ECであれば自社サイトかECモールかなども売上を左右する要因の一つです。

どんなに良い製品と価格でも、どこで買えるのかが不便だと販売のチャンスを逃すこともあります。しかし一方で、「ここでしか買えない」というプレミア感を出すブランディングもありますので、どこでも買えるのが良いとは限りません。

Promotion(プロモーション・広告宣伝)

最後はPromotion、広告宣伝です。ようやく出てきましたね。

これは、どんな製品・サービスが、どんな価格で、どこで買えるのか、を知ってもらい、購買に繋げるため活動です。ここではどう伝えるか?が重要です。

伝え方しだいでそのブランドへの期待するイメージが異なるため、非常に重要なマーケティング戦略の一つです。

ツールとしては、WebサイトやSNS・パンフレットやポスター、メディアでの広告など様々な手法がありますが、それぞれにおける伝え方を検討することが大切です。

伝えるツールが劇的に増えてきた現代、伝えたいこと(伝わってほしいこと)からツールを選ぶことも重要でしょう。

4Pすべてを考えることが大切

マーケティングを考えるとき、ついついPromotion(広告宣伝)を重要視してしまうことがあると思います。

しかし、ProductもPriceもPlaceもマーケティング(=売れる仕組みをつくること)には非常に重要になるため、すべてをミックスして戦略を構築していくことが重要となります。

私に相談いただく際も「広告宣伝」方法の相談が多いですが、Product・Price・Placeがイマイチなものは、いくらPromotionをしても売れないものは売れません。広告宣伝費の無駄になることも多いでしょう。

逆に、Product・Price・Placeがしっかりしていれば、どんなことを伝えていけば良いか(=Promotion)が見えてきます。

【訓練方法】身近なものの4Pを考えてみる

もし身近で売れていそうな製品やサービスがあれば、その4Pを探ってみましょう。

Apple製品でも、スタバでも、サブスクでもなんでもOKです。TVCMや動画CMで見て気になった商品でもOKです。

私も気になった製品・サービスがあればすぐに4Pを考えます。

様々な世の中の製品・サービスを考察し、そういった思考を養うことが、マーケティング力を向上していくための第一歩ですのでオススメです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました